top of page

イスラム教について

Diperbarui: 28 Feb 2022

イスラム教

    に関して


イスラム教は神様(アラビア語でアッラー)を信仰し、神様が最後の預言者ムハマッドを通じて人々に下した(啓示した)とされる啓典(クルアーン)の教えを信じる宗教です。イ スラム教の教えでは、イスラム教徒は5つの事をするように教えられています。


  1. 信仰告白(シャハーダ)とは「わたしは『アッラー(神様)の他に神はない」と 『ムハマッドがアッラーの使徒である』ことを宣言する」とイスラム教徒の一人になるっと認められます。

  2. 礼拝(サラー)とは、カーバ(メッカ)の方角へ向かってお祈りすることであり、イスラム教では1日5回の礼拝を行います。1回目は夜明け、2回目は夜明け以降、3回目は影が自分の身長と同じになるまで(お昼)、4回目は日没から日がなくなるまで、最後は夜となっています。その5回の礼拝はちょうど仕事の休憩時間に行っているので仕事には邪魔になりません。

  3. 喜捨(ザカート)とは困窮者を助けるために義務的な喜捨をすることです。

  4. 断食(サウム)とはラマダーンの月の間、ファジャル(暁の礼拝)から日没(マグリブ)まで断食を行われることである。その間、食べること、飲むこと、喫煙、悪いことをするのは禁止です。

  5. 巡礼(ハッジ)とは、メッカへの巡礼であり、少なくとも人生のうちに一回は、メッカ巡礼が義務付けられています。ただし、巡礼は実行できる体力や財力のある者のみが行えば良いものとされています。


インドネシア

   でのイスラム教

インドネシアは 、世界で最もイスラム教徒 が多い国です。 インドネシアの人口の大半で80%はイスラム教徒です。中東で発展したイスラム教のイメージとは異なり、インドネシアのイスラム教は平和に満ちてインドネシアの宗教の違 いの中で、イスラム教は他の宗教に対する寛容 さに満ちた宗教として発展しました。

イスラム教徒の技能実習生を雇用する企業様にご注意すべきことは以下となっております :

  1. イスラム教徒は豚肉を食べず、アルコール飲料も飲みません。

  2. イスラム教徒の女性の場合、通常はヒジャブを被っています。


16 tampilan0 komentar

Комментарии


bottom of page